種を蒔く人



ちなみに、あなたが欲しいものはなに?

ええ、本なんてなくても生きていけますとも。
飯食って、寝て、排泄して、なんの問題もありません。
酒池肉林という言葉がありますが、
そうです、忘れちゃいけない、
お酒に身を滅ぼすという道もありますね。
繁殖だって、容易にできそうですから、
人間が持っている快楽にふけり、子孫繁栄といきましょうか。
けれども、それだけで果たして楽しいだろうか。

いけない主婦だけど、オットに隠れてカード払いで本を買うなんて、
とっても(いやちょっとだけ)後ろめたいですわ。
本の話よ、本の話。
近所に住む、運送会社のメール便を下請けしている元気印の女性が、
自転車で配達に来るのですけど、
郵便受けに入らないものだから、玄関に投げてよこすんだ。
「ドサッ」すごい音がするから何事かと思うの。
他の運送会社のメール便を請け負う男性は、
一応声をかけてくれて、玄関を開けて下駄箱に置いてくれるから助かる。

辛い辛い人生の冬を無事に乗り切るために、
物欲を甘やかして本を買ったはいいが、
やはり家計簿をつけながらしばし考えた。
「これじゃーいくらなんでも買いすぎと違う?」
「やはりそう?」
「だってこの数字は尋常じゃないでしょ」
「いえ、だってこれくらい許してくれなくちゃ、生きていけないわ。他はな~んにも買ってないわよ。あ、ちょっとは服も買うけど、それだけじゃないの」
「図書館という手があるでしょう」
「だって、あれは・・・・・」
(心の中の良心と押し問答)

そんなわけで、図書館で検索をかけたら、
買おうと思っていた本が5冊ほどヒットしたので、
予約を入れて借りることにしました。
借りてきたそれらを目の前に積んでみました。
この高さが、わくわく感を醸しだし、
さてどれから責めようかなと考える。
結構うれしいものですね。
「図書館も、こうしてみると、結構使えるよね」
「今頃気付いたの? 急いで急いで、2週間だから、ほらほら」
「へい」
(一応これも、心の良心との会話です)

ところがね、最初の2冊ほどはよかったのですが、
だんだんと得体の知れないジレンマに悩まされている自分に気が付いた。
図書館の本には、書き込みはもちろん、
ページの上を折ったりもできないから結構神経を使う。
あたりまえだけど、
一緒に風呂にも入れなければ、
寝る時に読んで、うっかりよだれをこぼすなんてこともできない。
鞄に入れっぱなしにして、ちょっとした時間に開いてみるということも、
返却日を考えるとできないのですね。

つんとすましたお客さん。
そんな本と付き合っているうちに、
なんともいえないストレスに悩まされるようになった。

ネットで買う本は、中身が見られないから、
買ってからイメージと違ったり、
どうも文体がなじめなかったりということがあるから、
無駄な出費は致し方ないと割り切っている。
図書館で借りた本で、とても素晴らしいと思った本は、
速攻で返却して、書店で取り寄せて買います。
欲しいと思っている本でも、一応図書館で当たりをつけてみて、
おもしろそうかどうか、ほんとうに買う価値があるかどうかを見極めるために、
図書館で借りてみる、という利用の仕方をしています。
しかしそれが、結構面倒なんですね。
予約をして、借りに行って、へんきゃくして・・・・・。
だから、横着こいていきなり買ってしまうこともあります。

図書館の本というのはね、神経を使うので、
なんというか、我が家のお客様なのですね。
綺麗なまま、早くお返ししなければならない。
絵本などは、とにかく量を読みたいので図書館の絵本はとてもありがたいのですが、
本となると話は別ですよ。

今朝ね、ついにヤキが回ってしまいまして、
「え~い、かってやる、かってやる」
「なんてことを。そう熱くならずに。どうどう」
「いいや、わたしは一緒に風呂に入れる本がいいんだ。つんとすました本ばかり読む生活には飽き飽きなんだ」
「まっ! かしこい主婦の心得はどうしたの?」
「そんなもん、どっかに置いてきてしもうたわい」
「あ~れ~」
(良心の声ははかない風に乗って、どこかに飛んでいきました)

ふん、今日という今日は買ってやる。
欲しかったんだもん、この本もあの本も、ついでにこんな本も、
ずっと我慢していたんだもん。
やめられないとまらない、か~っぱえびせん♪
奮発して買っちゃおう。
送料込みで14880円とな? 上等じゃ!
ぽっちっとな。
もう押しちゃったもんね、「確定」ボタン押しちゃった。

明日からは、郵便受けの番人になる。
メール便の下請けしているお宅に、取りに行ってもいいのだけど、
そんなことをしたら相手がぎょっとするから、
待ちます。
わくわくどきどき。
[PR]
by aikannsya | 2010-03-24 20:22 | シンプルスマイルな生活を目指す
<< 地獄に堕ちちゃうのを心配する天使 こんぼパン イ・チョルファン著 >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧