種を蒔く人



感謝なことは・・・・・・

土曜日は、小学校の授業参観、PTA総会、学級懇談会に続いて、
地区合同歓送迎会がありました。
日曜日は、絵本についての講師をお招きしての勉強会で、図書館に行きました。
忙しいわりに、たくさんの人とお会いしたわりに、
疲れてしまったのはなぜだろう。

子どもたち同様、わたしも新しい生活のリズムが今ひとつつかめなくて、
気分的に落ち着かない毎日を送っています。

それでも感謝なのは、誰も体をこわさずに健康なこと。
新学期の疲れが出始めるのはこれからなのでしょうけど、
このまま乗り切っていきたいものです。

シンプルな生活を心がけてはいるものの、
忙しさにかまけて、あまり考える機会がない。
雑用や日々の生活の習慣を、ひとつひとつ吟味してみて、
無駄を省き、必要なことを組み込んでいきたいと思う。

いたいけな二人の兄弟が探しに出かけた青い鳥は、
追いかければ追いかけるほど逃げるんでしたね。
結局どこにいたんでしたっけ?
家の中?
むかーし読んだけど、あまり好きなお話じゃなかったから、
おとなになってからは、あえて子どもに読んで聞かせることもないので、
すっかり忘れている。

自分の中に青い鳥を引き寄せる「何か」がないと、
いくら追いかけてもしあわせはつかめないのです。
「何か」それは、希望であったり、人間的魅力であったりするのでしょうけど、
自分の中にないものを、いくら外に探してみたところで、
つかめないのは真理だと思う。

果てしない宇宙ですが、
わたしたちは、はたしてどれほどこの世を理解しているでしょうか。
自分が見たいように見えるのがこの世の中だと、
そう思えて仕方がない。
暗いものだと見ればそう見えて、
明るいものだと見ればそう見える。
いくら客観視しようと思っても、ほんとうの意味で正確に、
宇宙における事象を理解できていると誰が断言できるでしょうね。

心の中に青い鳥を育て、
それを引き寄せる力を育て、それから、
外の世界にいるかもしれない青い鳥を探したらいいと思う。
むやみやたらと、外に探しに出かけてもだめなのよ、きっと。

生活を楽しむ。
それは工夫次第である程度は実現できると考えます。
自分の足元にこそ、しあわせがあるのです。
どこか遠いところにあるのではありません。
忙しいと見落としがちな、何気ない子どものしぐさや言葉、
あるいは季節の移ろいを知らせる自然界の事象を、
見逃さずに拾い上げていきたいと思います。

どうしても図書館の講義を聴きたかったので、
昨日は礼拝をお休みしました。
あの神聖な空気を吸わずに、
牧師先生や礼拝で隣に座る方の顔を見ずに、
一週間が始まります。

みなさんの一週間が、実り多いものであることを祈ります。
あなたの青い鳥が、楽しそうにさえずることを願いつつ、
一日を始めます。
[PR]
by aikannsya | 2010-04-19 05:21 | シンプルスマイルな生活を目指す
<< 桜の開花 田舎こそ、車社会の先進国に、あ... >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧