種を蒔く人



「シークレット・カメラ」

午前中は子供会の買い出ししか仕事がないので、
ベーカリーを使ってパンを仕込んだ。
一定の温度になると、パン焼き器のハネが回りはじめ、
パンをこねてくれる。
グワングワングワングワン
この音とリズムが、ちょうど赤ちゃんが腹の中にいたときの、
心臓の鼓動を連想させる。
そっくりなのでいつもそれを思いだす。
赤ちゃんの心臓は早いんだよ。
グワングワングワングワン
それで思い出したの。
最近ショックを受けた絵本です。

「シークレット・カメラ」

作者 フランク・ダバ・スミス
序文 ハワード・ヤコブソン
写真 メンデル・グロスマン
訳者 落合恵子
自らナチにとらわれていながら、
同胞の苦しみを写真に撮る仕事をさせられているメンデル・グロスマンが撮った写真に、フランク・ダバ・スミスが文章をつけています。
メンデル・グロスマンはその多くを、
自分のコートに隠したカメラでとっている。

金網越しに子どもに語りかける親と子。
子どもはふてくされたように座り込んでいるが、
その子に語りかけている母親らしき女性は、
金網が盛り上がるくらいに自分の体を子どもの方に押しつけている。
無理矢理引き離された子どもになんと語って聞かせているのでしょう。
「坊や、いいかい、しっかり生きていくのよ」
「お母さんは、あなたのことを愛しているから、
なにがあっても。どんなことがあっても」
「誰も帰ってこなかった」と記される帯の文が読み手をうつ。
少年の背中にある星のアップリケは、ユダヤ人のしるし。
写真を撮ったメンデル・グロスマンは、持病の心臓病をおして、
たくさんの写真を撮った。
多くは、同胞がどれだけ勤勉に働いているか、
いかにして与えられた苦役をこなしているかという場面を、
ナチに差し出しすための写真だったらしい。
そかし、その責務を超えてたくさんの写真をこっそり知人に託したそうだ。
その多くは戦争のごたごたのなかで失われたということだが、
こうして、奇跡のように残った写真が絵本になった。
序文にも考えさせられる。
落合恵子さんの訳と後書きもいいです。

「朗読者」という小説がある。
主人公の少年が愛した女性は、
その昔、ナチに関わっていたということで裁判にかけられる。
そのときすでに、少年は女性と別れて、離婚も経験し、
立派な大人になっているのだけど、
皮肉にも、女性の裁判を裁く立場になっていた。
なぜか女性は、同じ役職にあった他の女性の罪まで自らかぶって、
長い服役に甘んじる。
主人公の男性は、女性にずっと本を朗読したテープを送り続けるのだが・・・・・。
ネタバレになるからこれ以上はやめておこう。
責任感が強く、プライドが高いように思えるその女性が、
その昔、戦争中に負ったであろう心の痛み。

「4分間のピアニスト」という映画がある。
すばらしいピアニストとしての才能がありながらも、
人生を踏み外して服役している女性がいる。
若いのに、辛酸きわまる人生を歩んできた女性が、
たったひとり心を開く相手が、
刑務所でピアノを教える老婆だ。
実はその老婆も、ナチに関わった経験があり、
何かあるごとに、その時に経験した悲惨な体験がフラッシュバックする。

戦争は、被害者も加害者もなく、人間の心に傷を残してしまう。

わたしは、悲惨な戦争映画はとても見る気になれない。
拷問とか、リンチとか、飢えとかに悩まされることなく、
幸せな日々を過ごしていられるわたしたち。
戦争反対のプラカードを持ったり、デモをしたりなんてことは、
わたしの生活から考えると現実的でないけれども、
こうして悲惨な歴史と正面から向かうことは、やめてはいけないと思うのだ。
戦争の本を読む気がしないという人でも、
こうして広げる絵本ならものの10分で読み終えることができる。

たまに図書館に行って、眺めてみることをおすすめします。
楽しい絵本もあるし、時に、
こんなテーマの重いものも混じっていて、
自分の立ち位置を考えさせられます。
[PR]
by aikannsya | 2010-06-04 13:44 | こんな本を読んでます
<< 住民運動会 人間の裏表 >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧