種を蒔く人



微妙なぷるんぷるんに気をつけろ!!

こんにゃくゼリーのぷるんぷるん、気持ちよさそうだよね。
凍らせて弁当に入れると、夏場は保冷効果が期待できるし、
かちんこちんに凍らせたそれは、暑いときにかぶりつくと大変おいしい。
もちろん、そのままでもおいしいけどね。

こんにゃくゼリーについての新聞記事を見つけて驚いたの。
窒息する危険があるというのは、痛ましい事故を耳にしたり、
新聞でも何度か目にしているので知ってはいる。
けれど、ついにここまで来たとは・・・・・・。
消費者庁に依頼されて、ある研究グループが調べた結果、
口の中で餅より滑りやすく、
喉で飴より気道をふさぎやすい傾向があるということがわかったそうだ。
すごいよね~、どうやって調べるの?
まさかわたしみたいな主婦に、
「ねえこれ食ってみて。そうなの、ちょっと危険なのよ。そうそう、事故も起きているから。うん。だから、四の五の言わずに100回食ってみて。そのうち何回死にそうになったか報告してくれる?」
な~んてこと、あり得ないことだけは確かだよ。
研究グループってあるけど、
ちゃんと大学に依頼してプロジェクトチームを組んで調べたらしいよ。
ね! 大学とプロジェクトチームだよ。
しかるべき方法と条件でもって、
頭のいい人たちがよってたかって真剣に取り組んだ研究結果に違いないわ。
研究方法がまるで想像できないのが何とも釈然としないのだけどね、
深く考えずに先に進むよ。
そこで消費者庁もほっとくわけにいかないってんで、安全な形や硬さについて、
同庁がリーダーシップをとって検討するということになったらしいから、
すんごいことなんだと察するわけね。
新聞記事には、新規立法をめざすのか、既存の法律を改正するのかについては、
今後の議論だということが書いてある。

ふぅーん。

個人的にはあまり好んで食べないけれども、
こんにゃくゼリーってそんなに危険なの?
国が間に入って、安全基準を設けてあげないといけないほどに、
危険な食べ物なのかな。

調剤薬局なんかには、
子どもが粉薬を食べやすくするためのゼリーなるものが売っている。
実際、わけのわかっていない子どもに、粉薬や固形の薬を飲ませるのは一苦労。
兄弟でも、どうしても粉が駄目な子と、固形が駄目な子がいる。
親の工夫の見せ所で、わたしなど、どれだけ苦労したかしれない。
だましだましのませるために、アイスだのプリンだの、
急ごしらえのお話なんかもしたりして、わたしの指になすりつけてみたり、
口に含んでいる母乳のでるおっぱいをすかさず薬の入ったほ乳瓶とすり替えたり、
使える物と手(え~っと正確にはおっぱいも)はほとんど使った。
ゼリー状のオブラートなるもの、売っているのは知っていたけど、
試す気にはならなかったね。

余談だけども、
わたしが小さい頃、たぶん小学生の高学年の頃だと思う、
薬を飲むためにばあちゃんの使っているオブラートを借りたことがあった。
おばあちゃんがやっている手順で、乾いた場所にオブラートを広げ、
薬を包んでから、オブラートの隅っこをつまんでおいて、
ちょんちょんと水につけてからやおら口へ。
ガホッ!
ボヘッ!
死ぬかと思った。オブラートが喉に引っかかって、
ほんとに息ができなくなって、冷や汗をかいたんだ。
あれからわたしは、その手の物を使うことに抵抗がある。
薬は正当派で飲むのが一番だと経験で悟った出来事だ。

高齢者の場合は、咀嚼力が落ちている方にむせずに水分補給してもらうため、
ゼラチンで電解物質を固めたりするなどの工夫をしているらしいです。
いろんな場面で、使い方によっては便利なぷるんぷるん。
何も考えずに食べると、実は大変に恐ろしい食い物だということかもしれない。
そんなもん、子どもの食べ物じゃないね。
高齢者も同様。
いろいろと便利な物が次から次へと出回るけれども、
安全か、危険かというのは、その都度自分で判断しなければならないのです。

知識の足りない考察であることを承知で言わせてもらうと、
痛ましい窒息事件が起きてからも、相変わらずお店には並んでいるでしょ。
だから、消費者も、食べるときは心して食うべし! ということで、
覚悟の上買うということにしたんだろうと思っていた。
売る方も、心して食う人にだけ買ってもらえればいいということで、
店に出しているのだと思っていた。

まさかね、消費者庁が出てくることになろうとは。
ところで、消費者庁っていうところが、今ひとつぴんと来ないのだけど、
きっと消費者の安全を守るための国の機関でしょう。
けどなぁ~、こんにゃくゼリーに関しては、
窒息事件が起きているのをどなたもご存じだと思うので、
食い物の硬さなんて気に入らなければ買わなければ良いのでは?
そんなふうに思ってしまう。
ある程度、自分の身は自分で守というのが、基本だと思うんだな。

あまのじゃくだからね、わたし、今日はさっそくその曰く付きのこんにゃくゼリーを買ってきて、
「消費者庁が、ひょっとしたら新しい法律まで作ろうかって本腰を入れるほどに危ない食い物だぞ。だけど、自分の身は自分で守るべしだぞ、あなたたち。
そこんとこ、決して忘れるなよ」
と言い添えて、こどもたちと目を見つめ合い、覚悟して食してみようと思う。
[PR]
by aikannsya | 2010-07-19 16:05 | シンプルスマイルな生活を目指す
<< さすがの弁慶も笑っちゃうという... えっへん さてはさては・・・・ >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧