種を蒔く人



ああ、そんなに泣かなくてもいいのに。

4年生の娘が算数で習っているのは、
(6+5)×4=6×4+□×4
□の数字を求めるというもの。

かけ算と足し算がまざっている数式はかけ算を先にする。
ただし、カッコで囲ってあるものが最優先。

これは=の左側の数式の答えを出して、
=の右側を攻めていく。
かけ算をひとくくりにして考えると解ける。

だけど、3日前も同じ問題でつまずいて挫折したのだ。
わたしが図に書いて教えるのだけど納得できないらしい。
納得できないから理解できない。
理解できないから解けない。
解けない自分に腹が立つ。
しまいには泣く。
しくしく泣くんじゃないからね。
ひっくり返って泣き叫ぶから笑ってしまう。
笑っちゃいけないと思うからこらえるのだけど、
昨夜も同じ問題で泣き叫んだ。
泣いたらもういくら説明しても頭に入らない。

気持ちはわかるんだよ。

こんな問題とけなくても大人になれるし、命に差し障りない。
だけどね、息を詰めて、深く脳みそをこねくり回して考え込むという訓練をしないと、
それは人間としてもったいないことになる。
根を詰めて考える。
小学生の頃から、いっとき集中して難問に取り組むという経験を重ねることは大事だ。

悔しいのはわかるけど、簡単に考えるのを放棄して泣き叫んではだめだ。

わたしも高校受験の頃は、数学がわからなくて苦労した。
塾に行くお金を出してもらえなかったので、
参考書をたよりにとにかく手を動かして考えた。
それでもわからないと、わからない自分が情けなくて、一人静かにさめざめと泣いた。
その時の孤独感を想像できるだろうか。
家族は寝静まり、ど田舎の夜更けは都会のそれとは比べものにならないほどに時間が深く沈む。
獣や木のこすれる音が時折聞こえるだけで、
かべ一枚隔てた暗闇に飲み込まれそうになる。

孤独な戦いの末、歯が立たないと見立てた問題は捨てた。

学校の授業ですべて理解してくる子がいる。
先生の言ったことがすんなり納得できて覚えてくるから、きっちりテストの点数も取ってくる。
要するに学力の高い子だ。
学力の高さは世の中に出てからひとつの武器として役には立つけれども、
学力イコール知力だとは思わないし、
知性や品性などは人生経験を積むなかで磨かれてくるものだし、
人間の魅力ということを考えたときには、算数ができなくてもそう悲観することはない。
不得意分野を悲観するよりほかの長所を磨けばいい。
人間的魅力にはいろんな科目があって、学力はほんの小さな一科目でしかないのだから。

だけど、
4年生でつまずくとたいへんだろうな~。これから長いじゃないよ。

うちの子に限って見てみると、
難問に取り組む粘り強さが足りない。
小学校で勉強を教えているわけじゃないので、ほかの子はどうだか比べようがないけれども、
私たちの世代はゆとりなんてなかったからみんな必死だった気がする。
どうにかくらいつかにゃぁならんと、
頭をはたかれながらもやったもんだけど。

すっかり復興がすんで、
生まれたときから物質的には豊かな恵まれた社会に育ったこどもの柔さを、
ちょっとばかり物足りなく感じる。
[PR]
by aikannsya | 2011-12-15 21:39 | シンプルスマイルな生活を目指す
<< 雪だ! お行儀よくしましょうよ >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧