種を蒔く人



おもしろくても理科

西原理恵子さんの絵とコメントが笑える。
そんなに清水さんのことをこけにしていいの? って勢いでね、
難しい話が続くと、「今度からもうちっとヤワイ内容のもんを書かねえとかいてやんねえぞ。カットをよ。こら」と怒ったかとおもえば、
「キミはむつかしい事をいっぱい知ってるみたいだけど西原はこーんな実用的な事知ってんだぞー」と、シンナーがない時はガソリン吸ったっていーんだよーと威張ったり、
「だいたい理科の事知ってて米のめしがくえるかっ」と清水さんの机を叩いて開き直る。
どれもカットの上でのことですがね。
地球の環境破壊と人口増加の章で数字がたくさんでてくると、
「文章のあいだに4桁以上の数字を入れて話をカクランするな。時々泣き入れてかわいこぶったってダメだ。・・・それでお前見てきたのかよ」なんて喧嘩を売ってしまう。
どれもカットの上でのことですがね。
あたしゃ、このカットのおかげで最後まで読み通せましたよ。
だって清水さんったらしゃべり出したらとまらない学者さんのようなのね、
もう自分だけ月に飛んでいっちゃいそうな勢いなのよ。
そこを西原さんのカットでうまくブレーキをかける、絶妙のコンビネーション。

この本の題名を見て我が家の少年(小学校三年)がいいました。
「ねえ、どうしておもしろくても理科なの?」
しばし考えてしまった。
「おもしろい理科」
なら迷わないでしょうね。
「おもしろくて理科」でも、引っかかりはしなかったでしょう。
なのになぜ、なぜだ?
「おもしろくて も 理科」
少年の疑問にうまく答えられるか、親の力量を試されるところです。

理科はおもしろくないと思う人がいるのね。
わたしは大、大、大好きだけど。
だからこそ、おもしろい理科もあるんだよってことを題名にしているんだよ。
難しい理科の問題を大人向けに楽しくお喋りしてくれる本なの。

少年は「ふ~ん」と言うが早いか、風呂に潜ってしまった。

そうそう、風呂で読んでいたのです。

清水義範さんの本が面白くて、こんな本も読んでみた。

小説家になろうと企んでいるわけではないですよ。
例によって好きな作家の著書を片っ端から読んでみたくなり、
清水さんの著書で一番安い古本を検索したらたまたまこれだったってだけ。
しらなかったなぁ。
清水義範さんはSFも書いていたんですねぇ。

次はね、「もっとどうころんでも社会科」にいきますよ。
わくわくします。
[PR]
by aikannsya | 2012-04-10 12:25 | こんな本を読んでます
<< 「けいたいでんわをかいました」 思ってみたところでどうにもなら... >>


4人の子どもたちと殿と暮らすクリスチャンです。庄内平野のはじっこから、日々の生活をレポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りのブログ
「みんなの無農薬農法」
遊佐で無農薬にチャレンジしている素敵な方のブログです
http://www1.ocn.ne.jp/~kihe/

「遊ぶ塾」
遊佐で子供たちと真剣に遊ぶ大人たちのブログ
http://asobujyuku.org

家具を作る芸術家 桑原信之氏
http://koubouyuu.web.fc2.com/

「ヤッサン一座の紙芝居」
これを見ると血が騒ぐという
http://www.kamicomi.com

「庄内いどばた会議」
私が参加しているグループです
http://syonai-idobata.spaces.live.com
検索
その他のジャンル
おおきくなあれ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧